スマホアプリを使った様々な活用法

スマホを活用した様々なアプリ

「iOS」とは何か?

皆さん(特に日本の皆さん)が「スマートフォン」と聞いて真っ先に思い浮かぶのはApple社が販売している「iPhone」でしょう。
iOSは、このiPhoneを動かすためのOS(スマホは言わば「電話機能の付いたPC」なので、パソコン同様OSが必要)です。
iOSの特徴は、そのまま「iPhone」の特徴であると言えます。
具体的にはiPhoneに備わる機能をフル活用するためのOSであり、個人個人で自由にいじれるようなものではないこと、そのため、作れるアプリにもある程度の制限があり、なおかつiPhone用アプリストア「AppStore」の審査に通ったアプリしか世に出せないこと、が挙げられます。
しかし、iPhone自体が発想次第で多様な活用ができるデバイスであること、認められたアプリしか販売されないのでウイルス感染などセキュリティの不安が少ない、などの利点も挙げられます。

アンドロイドOSについて

アンドロイドとは、Google社がスマホやタブレット用に開発したOSのことです。
最大の特徴は、コード(設計図と思って下さい)が誰にでも公開されているという点です。
そのため、OSを動かすスマホ本体やアクセサリーの設計に自由度が生まれ、多様な形のスマホを各メーカーが自由に作成できます。
またOSの自由さはそのまま「アプリの開発のしやすさ」にもつながり、プロのメーカーや一般人に至るまで、様々な人が、日々、「Playストア」というウェブ上のストアで、多様なアプリを無料・有料問わずに販売してるという点も、iOSには無い特徴です。
このメリットは丁度iOSの逆であり、つまりセキュリティ上の不安は残るわけですが、そこをカバーするためにも、アンドロイドスマホにはウイルス対策ソフトを入れておくことを忘れないようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る